CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
SEARCH
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:

POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

||

やや10年ぶり
朝一から、葬儀。

ギリギリで耐えてはいたが、最後の別れの花を入れる段階でその時は来た。
声をかけようにも声は出なく、必死で耐えていたのだが。

母の親友、そして妹の様子を見て、耐えきれなくなってしまった。

やめてくれ、そんなに悲しまないでくれ。
心が悲しいことだと気づいてしまうじゃないか。

労いと弔いの声をかけないでくれ。
自分の気持を整理するための言葉を吐かないでくれ。
故人には聞こえていないんだ。

父親よ、今そこで写真を撮ってどうなる。
元気な時に写真を撮っていなかったじゃないか。
元気な時の写真があるじゃないか。

悲しみの感情に巻き込まれぬように、心をぐっと抑える。



今日、生まれて初めて、父親が泣いているところを見た。

泣きながら喋った父は、強かったと思う。

| 雑記 |
| 09:38 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑