CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
SEARCH
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:

POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

釧路観光・・・?
2日目はまぁ・・・天気予報通り、台風(笑)
温帯低気圧ではありましたけど。

外観光は諦め、釧路を経由してゆっくり帰ることに。
雨の中の展望台から釧路湿原をなんとなく眺め、フィッシャーマンズワーフと幣舞橋をさらっと眺めて、帯広経由で帰りました。
途中道の駅はいくつか経由しましたが、基本的にオフシーズンでしたね。

疲れました・・・

| 地域情報::北海道観光 |
| 11:07 PM | comments (0) | trackback (x) |

屈斜路湖へ!
ふっこう割の12000円引きクーポンがゲットできたので、観光してきました!

せっかくなので普段よりは少しだけ良いグレードの場所ということで、プリンスホテルで。
まぁ、屈斜路湖のですけど。

愛別の小さなお祭りを経由して、網走のシマリス公園を愛でつつ美幌峠へ。
こんなに立派な道の駅だったっけなぁ? と思いつつ、写真撮ってきました。
前に来たのは何年前だったかなぁ・・・

ホテル自体はまぁ、そこそこ。
料理は流石に良かったですね!

| 地域情報::北海道観光 |
| 11:07 PM | comments (0) | trackback (x) |

思いつきで稚内
近所のパン屋にパンを買いに行った際、息子に「夏休みも終わるし、最後にどっか行く?」と聞いたら「稚内とか?」と言ったので、稚内に行ってきました(笑)

稚内には自分の車で行ったことはなかったので距離感、時間的なものがつかめなかったんですよね。
なので、行けるだけ北に向かって間に合いそうならそのまま行こう、そう思ったわけですよ。

あんまり暗くなってからついても駄目だと思ったので。
で、なんとなく4時前には着きそうな気配だったので頑張ってきました!

昨年美深までは行きましたが、そこから先はかなり久しぶりの道だったので結構楽しめました。
とはいえ、特になにかがあるわけではなかったのですがね。

音威子府の道の駅が閉鎖していたり、中川の道の駅でギリギリ昼ごはんを食べたり。
稚内についてから宗谷岬が意外と遠いことを思い知りました。
天気は良かったので、サハリンが見えましたよ。

帰り道は稚内の道の駅に行って「ここ普通の駅ジャン」とか思いつつ。
天塩川温泉で一休みして夕食を食べて帰ってまいりました。

うーん、結構疲れましたね。
函館行ってから、若干距離感覚がおかしくなってきたな(笑)

| 地域情報::北海道観光 |
| 11:35 PM | comments (0) | trackback (x) |

札幌観光
難しいことは考えずに。

札幌観光に行ってきました!
とはいえ、札幌を観光したとは言い難いですけど。

ファクトリーを軽く流して爬虫類展を見てきたり。
北海道神宮でお守り買ってきたり。

そしてすずきゆいさんのライブ(?)を見てきました。
買う気なかったのに、いろいろあってワンマンライブのチケット買っちゃいましたよ・・・

まぁ今年は行けそうな日程だし、がんばりますかね。

| 地域情報::北海道観光 |
| 09:53 PM | comments (0) | trackback (x) |

美瑛第二の道の駅へ
激動の一週間を終え、ゆっくり休もうかと思ったら天気が良すぎて遠出しちゃいました。

といっても美瑛ですけど。

白金方面に新しい道の駅ができたということで、行ってみたのですが。
ピルケのところのにこじんまりとした販売小屋ができただけでしたねぇ。
既存施設のほうが豪華です(笑)

その後、1年ぶりくらいに青い池を眺め、相変わらずのレンタカーの多さに恐怖し、1つ後ろの車がぶつけられているのを見て合掌。
今の青い池はあんまり青くなかったですね。

で、流れで白金温泉にて日帰り入浴をして帰ってきました。

うん、明日は天気悪そうだからゆっくりしよう(笑)

| 地域情報::北海道観光 |
| 10:12 PM | comments (0) | trackback (x) |

旭川へ!
2日目の朝、朝食は朝市で海鮮丼をいただきます。

早々にホテルをチェックアウトして函館山へ。
昼間であれば、山頂まで来るまで上がることができます。
昼は昼でなかなか良いもんでしたよ。

早々に函館をあとにして、帰路につきます。
帰りは違う道を通ろうということで、日本海ルートへ。
長万部から寿都方面へ抜けます。

港町の道の駅で貝の館を眺めつつ、岩内の道の駅へ。
温泉と昼食を楽しみつつ、一旦休憩。

対岸線に原発を確認しつつ、余市の道の駅へ。
宇宙記念館を観光して、石狩方面に抜けます。

当別の道の駅を経由し、275号を北上。
砂川あたりでいろいろめんどくさくなったので、初めてスマートインターからの高速イン。

最後はスーパーで夕食を買って帰宅でした。

いやはや、疲れた。
けど、先日の自転車ほどじゃないな(笑)

| 地域情報::北海道観光 |
| 10:18 PM | comments (0) | trackback (x) |

函館へ!
今年一番のイベントだと思って設定しておりました、函館観光!

昨年より半分この日のために買い替えた車。
いざ、出陣です。

旭川から岩見沢まで高速に乗り、岩見沢から千歳の方に抜けます。
千歳の道の駅によりますが、時間もまだ早いこともありローソンしか空いてません。
そのまま支笏~洞爺湖を抜けます。

そうべつととようらの道の駅を経由し、長万部~八雲をひた走ります。
昼ごはんを食べるところを探しつつ、森町の道の駅に立ち寄り、少し走っったところのパン屋で昼食。

七飯の道の駅で「利きリンゴジュース」を堪能し、近そうなので新函館北斗駅へ。
新幹線の姿を軽く眺めて、五稜郭へ。
五稜郭タワーへ登り、復元された建物なんかを眺めつつ散策。

ホテルにチェックインし、徒歩で赤レンガ倉庫群を眺めつつ、ラッキーピエロで夕食。
函館駅を眺めたところで足の疲労がマックスになったので、ホテルに戻って休みました。

ということで、1日目は終了。



| 地域情報::北海道観光 |
| 10:12 PM | comments (0) | trackback (x) |

巡り巡って浜益へ
天気が悪い予報のゴールデンウィーク。
天気が崩れる前に、遠出してみました。

札幌方面に向かい、札幌では定休日、混み過ぎサンピアザをスルーして石狩方面へ。
新しくオープンした厚田の道の駅に向かうが、入場まで45分待ちの文字を見てまたもスルー。

更にオロロンラインを北上して浜益へ。

温泉でひとっ風呂浴びて、町まで戻ってふじみや製菓で食事。
そこで食べた焼き立てどら焼きが美味でした・・・

あとは滝川方面に抜けて帰りましたとさ。

いやいいわ、どら焼き。最高。

| 地域情報::北海道観光 |
| 11:26 PM | comments (0) | trackback (x) |

マウントビューホテル
息子様が子供料金のうちに、宿泊旅行をしてまいりました。

誤算だったのは。

ちょうど比布~層雲峡間の高速道路が、工事で通行止めだったことですね。
ということで、下走っていってきました。

ちょうど氷瀑まつりの期間でしたが、今年からは何やら有料になったようで。
高いものじゃないけど、一度見たことあるし、お金払うほどのものでもないかなぁと。
そもそも、昨日の暖気で一部立入禁止らしいですしね。

ホテル施設にはあまり覚えがなかったので、多分初めて泊まったかなー。
ホテル前の坂道の氷っぷりが割と殺人級でした。

息子が3度転んだし。

中華系の観光客は多かったですが、入浴はほぼ貸し切りで楽しめました。
部屋もなんだか広かったし。

さて、次は函館かなー。

| 地域情報::北海道観光 |
| 10:32 PM | comments (0) | trackback (x) |

ルスツリゾート!
タダ券を貰ったのがきっかけで、ルスツに行くことになりました。
遠い記憶、行ったことがあるような無いような。

高速使って3時間半ぐらいということで、8時に出まして、11時前には着きましたね。
明日には台風ということで行く途中も雨がぱらついてたのですが、現地では奇跡的に晴れ。

食べ放題チケット付きだったのでまずは雨が降る前に食事タイム。
ゲレンデの下の方の斜面に、大量のバーベキューコンロが並んでいる光景は壮観でしたね。

食べ放題と言っても絶対に元が取れない一家ですので、初回配布分でお肉はいっぱいいっぱい。
焼きそばやらデザートやらも有りましたが、とてもじゃないけど食べられませんねぇ・・・
タダ券じゃなきゃ来ることはないイベントですね。

その後は遊園地の方に移動しまして、比較的な安全な乗り物と適当に乗りました。
こちらもまぁ、元が取れたとは言い難い感じでしたが。

帰りはずっとCMで気になっていた日帰り温泉「ほのか」に寄って温まり。
割りとお気に入りの天ぷら屋「天ぷら倶楽部」に寄って帰ってきました。
結構胃にヘビー。

ギリギリ日が変わる前に帰ってきましたが、疲れましたね・・・

| 地域情報::北海道観光 |
| 11:40 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑